> 以前の記事
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
> 今頃、東京マラソン見ました。
忘れかけてた頃に、やっとビデオを見ました。

なかなか凄かったですね、フジTVは。

あそこまで放送から外すとはって感じです。これが日本の今のレベルなのかとちょっとがっかりですが、それもこれもやっぱり海外選手の言う、学校教育の問題かな。

そもそも、普通に学校で障害者、健常者が一緒に勉強して、会社にも普通に働いてたら、誰も特別な扱いをしないはず。出会った事が無いから、自分達とは別世界の生き物と思ってしまう。

おまけにTV局の上の人たちの中には、障害者スポーツはスポーツではないと言い切る人もいるらしい。まぁ、そんな人たちが育った時代には、そうだったかもしれないが。

これから何年かかるかは別として、やっぱり現役の間に、もう少し当たり前になって欲しいな。というか当たり前にしたいなぁ。

先日のロサンゼルスマラソンでは、車いす部門用にちゃんとTVクルーが付いてたし、レース途中に何度も車いすの映像(ランナーに追い越される選手ではなく、トップの選手)が映ってたらしい。
レース前にゼッケンを受け取りに行った時も、大会関係者から「コース前半、70km/hくらい出る下り坂の直後に直角カーブがあるので、アウトからインに突っ込み、アウトに抜けるように」とちゃんとレーサーのコース取りまで理解している。
東京マラソンの最後の下り坂の直後の左直角カーブでは、走路員が選手の進路をふさぐ形で「カーブです。危ないから減速!!」ととうせんぼ。
「お前が危ないんじゃ!」と喉まで出かかったけど、一応遠慮してギリギリをすり抜けてどいてもらいました。

マラソンを走るのはランナーだけやなく、車いすの人たちも同じで、当然、競技者レベルからジョギングレベルの人、ビギナーからベテランまで同じように「走る事」に一生懸命なんですけどね。

来年の変化に期待したいですね。
[PR]
by jhiromichi | 2007-03-09 00:35

大阪生まれ大分在住、長渕剛を追いかけ続けてるプロ車いすランナー廣道純の気まぐれ日記。レース関連、疑問に思うことなど、内容も何でもありです。もっと知りたい方はwww.jhiromichi.comへ
by jhiromichi
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
> リンク一覧

↑廣道 純HPはこちら↑


↑アスポタサイト↑
大分陸上2008HP
> 検索
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧