> 以前の記事
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
> 4DM大分陸上2008
今日は暑過ぎるくらいの天気で、日焼けでひりひりしてます。

まずは1500m予選があり、3分3秒27でリチャードに次いで2位でフィニッシュ。
決勝のメンバーはリチャード、廣道、副島、洞ノ上、山本、ロジャ、高原、岩下の8人。

次に800m予選があり、これまたリチャードに次いで2位。しかし、タイムは1分38秒11の日本新記録です。
決勝のメンバーはリチャード、廣道、上田、岡本、ロジャ、松永、寒川、能島の8人。

3レース目は800m決勝です。スタートからリチャード先頭、廣道2番手。やや遅れてロジャの3人で、ラスト1周でリチャードがややペースダウン。バックストレートで29km/hに落ちて、ロジャが追いつきます。ラスト200mで廣道がアタック。最後の直線の競り合いを何とか制して1位でした。
1位廣道     1分41秒73
2位リチャード  1分41秒97
3位ロジャ    1分42秒54
4位松永     1分48秒89
5位寒川     1分51秒84


次は1500m決勝があり、まず1周目をリチャード、2周目に山本、しかし600mを過ぎて副島が一気に前に出て逃げにかかります。山本、廣道と続いてラスト300mあたりで、山本が2番手から一気に先頭に。それに廣道が続いて副島を交わし、2番手に。ラスト150mで廣道が外から捲くり、抜け出してゴール。
1位廣道    3分4秒86
2位洞ノ上   3分5秒05
3位山本    3分5秒32
4位ロジャ   3分5秒59
5位副島    3分7秒14
6位リチャード 3分7秒93

最後は400mです。1500mが終わってそのまま400mのコールに行き、5分後にスタートという厳しい条件の中、リチャードに次いで2位ながらも50秒60の日本新記録でした。
1位リチャード  50秒20
2位廣道     50秒60
3位ロジャ    52秒16
4位松永     53秒67
5位寒川     55秒08

北京を前にいい感じで仕上がってます。今回は運営と選手のダブルやったので、ここまでに結果は期待してなかったんですが、気象条件とリチャードとロジャとの練習のお陰で、一気に調子が上がったみたいです。
この調子でガンガン追い込んで行きます。

ちなみにこのレースの模様が5月5日(月)の朝ズバの6時20分過ぎのコーナーで紹介されます。その後、5月9日(金)には、同じコーナーで廣道純のドキュメントが放送されます。

良かったら見てやってください。


今回も本当に多くの選手に参加していただき、またジュニア教室にもたくさんの子供達が参加してくれて、本当にありがとうございました。大会運営に協力していただいた協賛企業の皆様、ボランティアスタッフ、司会進行役の花子ちゃん、EIJIさん、千葉さん、実況解説の山本さん、審判のみなさん、本当にありがとうございました。心から感謝いたします。
また、至らぬ点も多々あったと思いますが、これに懲りず来年の大会も是非ご協力お願いします。 ありがとうございました!!
[PR]
by jhiromichi | 2008-05-04 01:10

大阪生まれ大分在住、長渕剛を追いかけ続けてるプロ車いすランナー廣道純の気まぐれ日記。レース関連、疑問に思うことなど、内容も何でもありです。もっと知りたい方はwww.jhiromichi.comへ
by jhiromichi
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
> リンク一覧

↑廣道 純HPはこちら↑


↑アスポタサイト↑
大分陸上2008HP
> 検索
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧